フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2011年8月10日 (水)

KRAUSER EXPLORERトップケース???

ヘプコのエクスプローラーをトップケースに付けているんですが、オプション品を検索していたらクラウザーからこんなものが。

Img_8525

どうみてもOEM品です。本当に(ry

他にもALU-BASICもクラウザー銘で販売されるようです。以前使っていたK2が生産終了になったのは知っていましたが、今後自社開発のケースは無くなってしまうんでしょうか。だとしたらちと寂しいなあ・・・

輸入代理店のモトコさんのページ

2011年8月 7日 (日)

XT1200Z:ANAKEE2 フロントタイヤ交換

北海道ツーリングでは2000km程走り、スッテネの走行距離が1万kmを越えました。去年の10月に納車だったので月1000kmペース。ほぼツーリング用途ですが自分の車歴の中ではかなりのハイペースかも.今の所車体トラブルもなく快調そのものです(≧∇≦)

R0012424_01

さて10300km走った純正ツアランス、8000km時点とあまり変わってないように見えます。まだまだ使えそうですがぷらっと店に寄ったら入荷してたので交換してしまいました。フロントは減りが遅いのかな?リアが早くも真ん中が減ってきたように見えるし、次回の交換時はさらに前後の交換タイミングがずれ込みそうです。

R0012425_01

でもってANAKEE2。\13552に工賃+タイヤ処分料で\1300の\14852。前回のリアと合わせると前後で工賃込み\30672になります。さて今度はどれだけ持ってくれるかな?

2011年8月 6日 (土)

北海道ツーリングお得情報?

北海道行きの当初は毎日ブログを更新する意気込みでしたが、結局毎日宿で遅くまで飲んでダベってたらすっかり面倒になってしまい放置プレイにw

さてタイトルの件ですが、

13111451291

北海道情報誌にHO[ほ]ってのがありまして。現地ではコンビニなどでも売っているらしいです。らしいってのは実は北海道最終日に現地ライダーさんに教えてもらったんで自分では買ってないんですよ・・・。

ラ見しただけなんで情報誌としての内容はおいといて、何といってもこの本の目玉は、道内日帰り温泉無料パスポート&半額クーポン!写真の号では66軒で使えるそうです。それも高級旅館やホテルなんかも多く載っていて例えば阿寒グランドホテル鶴賀なんかは日帰り入浴1470円ですが、目の前のコンビニに580円で売ってるこの本で無料入浴できますw

もっと早く知ってればと悔しい思いをしたんでここで紹介してみました。あぁホント悔しい(´;ω;`)

2011年7月30日 (土)

仙台フェリーターミナル

仙台フェリーターミナル
太平洋フェリー、苫小牧〜仙台〜名古屋便にて寄港中。
所々ガレキが集積されてる以外はいつもの仙台港と変わらないように見える。
歩いて買い出しに行ったジャスコも。でも、まだまだこれからなんだろうな。

2011年7月26日 (火)

北海道ツーリング4 日目:稚内〜佐呂間

北海道ツーリング4<br />
 日目:稚内〜佐呂間
宗谷丘陵からオホーツク海を望む、貝殻のダートにて。
美瑛で名もない丘めぐりをした時も思いましたが、不意のダートも(フラットならw)臆せず入って行けるのがいいですね。

2011年7月24日 (日)

北海道ツーリング2日目:札幌〜美瑛

北海道ツーリング2日目:札幌〜美瑛
昨日は夜に苫小牧に着いて、宿泊先の札幌へ移動しただけなので今日が実質初日ですね。船が速くなるのはいいんですが、以前の敦賀〜小樽便のように早朝に着いてくれたほうが色々と有り難いです。なにより気分の高揚感が違いますよ。上陸していきなり宿じゃ、ねえ。
今日も距離は稼がず観光しながらの移動。日曜で地元ライダー率が高かったからか、ピースサインの返答率が一割以下…バイク自体少なくて、今日泊まる美瑛の「とほ」宿にもライダーは自分だけ。まだ最盛期ではないとしても、毎年ライダー減少を実感してしまいます。
明日は北を目指すつもり。宗谷岬は何度も訪れてるけど、スッテネにも最北端を見せてやりたい。オロロンラインが楽しみだな。

2011年7月22日 (金)

北海道行ってきます

北海道行ってきます
敦賀から新日本海フェリーで苫小牧へ、帰りは太平洋で31日に名古屋着。フェリーの予約以外全く予定は未定の旅。
まあルートを考える時間は船上で嫌ってほどあるでしょうしw
それにしても今日は涼しい。おかげで準備で汗だくにならずに済んだけど、暑い内地から脱出する嬉しさがちょっぴり薄れちゃったかも?

2011年7月16日 (土)

XT1200Z:ANAKEE2 リアタイヤ交換

結局来週末の北海道行きまでに注文してあったFタイヤは間に合いそうに無く、BIKE7にてリアだけ交換してきました。

R0012208_01

8200km走った純正タイヤのツアランスEXP。見事に真ん中だけ減ってます(/ー\*)

ノギスで測ってみるとまだ3.5mm山があり、見た目にもまだまだ走れそうですが、向こうでつんつるてんになってしまったら気になって楽しめないですからね。林道も走りたいですし。

R0012209_01

象さんも健在。走ってる向きがタイヤの回転方向だそうな。

R0012215_01

んでもってANAKEE2。同じツアランスじゃ面白くないし、彫りが深くてイケメンさんじゃないですか。全くオフ走るつもりなければパイロットロード3って手もありですが。一番の理由は値段なんですがね(*ノv`)

サイズは150/70-R17、スピードレンジが240kmのVと210kmのHがラインナップにありますが、スッテネの最高速を考えればHで十分でしょう。値段もリアで3000円位違ってきますし。

お代はタイヤが\14520、工賃\1000、タイヤ処分料\300の\15820でした。かなり安いほうだと思いますがどうでしょう?

ちなみに新品ANAKEEでタイヤ中央部の山高さは8.4mmでした。こうやって記録とっとけば、あとどれくらい走れるか目安になるかな?

Fタイヤも交換したら記事を纏めたいと思います。インプレなんかもできたらいいな。

2011年7月14日 (木)

純正パニアの重量って・・・

夜中に起きたとき、部屋に置いてあったパニアの角に足の小指をぶつけて悶絶しました(´Д`;≡;´Д`)

重いですよね、あれ…。ふと何キロあるのか気になったので調べてみました。体脂肪計測機能付きの体重計にパニアを持って乗って。デジタルなのに原始的な計測法につき数値はおおよその参考までにw

パニア片側:約5.5kgΣ(・ω・ノ)ノ!

カタログ値によるとスッテネの車両重量は261kgだそうです。ガソリンやオイルを含む値だそうですが、これにはオプションパーツ分は含まれていません。

という事は、スッテネ本体にパニア左右、ステー、アンダーガードのファーストエディション仕様で軽く270kgは越えてるわけで。更にトップケース、エンジンガード諸々が付いてるうちの子は280kg近いでしょう。荷物積んだら300の大台に乗るかも…?いやあ自分こんなバイク乗ってるんだなー。

幸いにもまだ一度も倒したことはありませんが、北海道の林道で倒しちゃったら引き起こしできるか不安になってきました。プレストも試乗会より引き起こし体験会やってくれんかなあ…(*ノv`)

7/15、車両重量が間違ってたの修正しましたヾ(_ _*)

2011年7月10日 (日)

セントレアへB787初飛来を見に行ってきた

今日7月10日は納入が遅れに遅れている(泣)B787が故郷の一つ、愛知県に初めて帰ってくる日。主翼、中央翼、前部胴体を担当する愛知県内の3重工の生産分担比率は全体の35%なのですが、機体の材料となるカーボンプリプレグを独占供給してるのも愛知の東レなので、機体重量で言えば実に半分程が愛知県産の飛行機なのです。これは見に行くしかないでしょう、県民として。というか関係者としてw

Dsc_1251_01

セントレアにはちゃんとバイク用駐輪場が整備されてます。料金は一時間毎に100円、5時間以降24時間まで500円になります。バイク一泊?500円って事ですね。利用案内には300日までの駐輪が認められてるので長旅でも安心?w

場所はタクシーやバス乗り場の所にあり、入口に一番近いのでクルマより優遇されています(゚ー゚)

Dsc_1254_01

展望デッキへ向かうと、逆にデッキから出てくる人の群れに押し流されそうに…。7:30に来るものだと思い込んで7:10に余裕ぶっこいて来たらもうとっくに到着してたみたいです(´・ω・`)

どの道、これよりもっと凄い混雑だった筈なんで、まともに写真とか撮ってられなかったかも知れませんが。それでもその場に居合わせたかった。せめてエンジン音だけでも…(´Д⊂グスン

Dsc_1265_01

通常の駐機スポットではなく、端の方の臨時駐車場に近いところにB747LCF(ドリームリフター)と並べて駐機されるということでそちらへ移動。この絵が撮れるのはセントレアならではですね。

Dsc_1275_01

金網越しにご対面。仕事でこいつに4年以上関ってきましたがこうして形になって目の前にあると感無量です。10年、20年後にはありふれた機体になってくれてると思いますが、きっとこの時の光景は忘れられないでしょう。

B767クラスの機体なので決して小さくはないのですが、胴体が太くて窓も大きい上、隣に停まってるのが747なのでずんぐり小さく見えちゃうなあ…

Dsc_1294_01

ロールスロイス・トレント1000エンジン。これ一つで推力30㌧程を叩き出します(((゚Д゚)))

Dsc_1295_01

遠くでじりじり動いていたこの倉庫みたいなのに気付いた人はいたんでしょうか。実はこれ、対岸の川重名古屋工場からRORO船に乗せられやってきたコンテナなんです。この中に紫外線対策の黒いビニールでぐるぐる巻きになった787の輪切り胴体が入ってるんですね。今日はLCFへの積み込みはあったのかな?

Dsc_1297_01

近くからでは柵が邪魔なので芝生の丘から望遠で。朝から炎天下の中、老若男女多くの人が見物に来ていました。地元ではニュースや新聞でも大きく取り上げられたしANAやBoeingとしてもいい広報になったんではないでしょうか。

ああ、早くこいつに乗ってみたいな(*゚∀゚)=3

«ナムチャイに行ってきた